札幌市西区の整体「CARESL (ケアスル)」

【切迫早産】出張施術報告

【切迫早産】出張施術報告

こんにちは!
札幌市西区の整体「ケアスル」院長の渡辺です。(^^)


自転車通勤していますが、先日顔に当たった虫が。

もう雪虫⁉

見間違えだと良いんですが^^;




画像の説明

当院は現在、切迫早産のみ出張施術をおこなっています。


現在、妊娠21週で切迫で困ってるTさんの出張施術を行っています。


21週なので切迫早産ではなく、まだ切迫流産の時期でした。


子宮頚管無力症の疑いもあり、子宮頸管が2.3cmを切ったら入院と言われているそうです。


8月11日3cm、9月5日2.6cmだったそうで、9月20日に初めて施術をおこなってきました。


切迫早産や、切迫流産は基本的には入院か自宅で安静。


子宮頚管は短くはなるけど、伸びることは無いというのが一般的な考え方です。


9月5日から2週間経っているので、もう少し短くなっている可能性大です。


施術前と施術後はこんな感じで見た目にも変化がわかります。

画像の説明
※あくまで個人的な感想で成果を保証するものではありません。


少し見づらいですが^^;


お腹はまだあまり出ていない時期なんですが、子宮に硬さがあったり周りの内臓が硬いためポコンと出ていますよね。


施術後は子宮を含め内臓がゆるんだので全体的に広がりポコンと出ていたのが目立たなくなりました。


お腹を触った感じも柔らかさが出ました。


次の日に検診があったそうですが、2.7cmだったそうです。


(´▽`) ホッ


2回目は9月27日に施術を行いました。


先日、10月3日の病院での検診後にご報告を受けました。

画像の説明
(掲載には、本人の了承を得ています。)


(´▽`) ホッ


まだまだ、生産期まで期間があるので施術は必要で、油断はできません。


何とか3㎝~3.5㎝になってキープしたいところですね。


Tさんには自宅でできるお腹をゆるめるストレッチを毎日やってもらっています。


やってくれているはずです^^;


Tさんには、上に2人のお子さんがいます。


2人目のお子さんの時も切迫で、その時は入院したそうです。


今回も、すでに病院から入院をすすめられています。


しかし今回は、2人のお子さんをおいて入院できないという事と、切迫で長期入院した時のツラさを教えてくれ出来るだけ入院はしたくないとの事での出張施術でした。


同じような理由で、切迫で入院をすすめられても入院できない方や自宅で安静に出来ない方も沢山いると思います。


そういう方に少しでも動ける身体で生産期を迎えて欲しいなと思っています。


また、入院や安静で出産までこぎつけたとして、出産がゴールではありません。


育児のスタートになります。


産後のケアで来院される方で切迫で入院、安静にしていた方は、やっぱり(特に下半身)の筋力が落ちています。


すると骨盤が安定するまで時間が掛かったり、骨盤を含め下半身が安定しないため腰痛や他の所に痛み出やすいですし、改善しにくいです。


その状態で、抱っこや立ったりしゃがんだりが多い育児をするのは本当にツラそうです。


上にお子さんがいる方は尚更です。


ですから、「入院をすすめられている」とか「自宅で安静に」と言われているけど難しいという方は、ぜひ施術を受けて欲しいと思います。


切迫早産はコチラ

整体のご予約・問い合わせはコチラ!

札幌市西区(琴似・二十四軒)の整体

ケアスル渡辺とお問い合わせ

土・日・祝日も やってます‼


ご予約は、こちらの番号から!!
ホームページを見たと伝えて頂ければ、初見料が無料でうけれます。

「痛み」「辛さ」「ゆがみ」でお悩みの方は今すぐお電話下さい。
☏ 011-676-4546
お気軽にお電話ください。お待ちしております。(お電話の場合、当日予約も可)



ケアスルへのお問い合わせ



a:1730 t:1 y:1

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional