札幌市西区の整体「CARESL (ケアスル)」

むくみ

むくみ

日常生活の姿勢や癖などの影響により背骨のバランスが崩れてしまい、骨盤・股関節のバランスや動きに悪影響を及ぼします。

それにより、筋肉の状態も悪くなりむくみを引き起こします。

ケアスルでは背骨、骨盤、股関節の矯正により、バランス改善と関節可動域(動く範囲)の正常化をはかり、それと同時に筋肉のケアをしていきます。

むくみ」とは

むくみの正体は細胞と細胞の間にある体液が増加したものです。

細胞と細胞の間には、毛細血管が張り巡らされており、体液のやり取りをしています。

細胞から老廃物が排出されそれを毛細血管から吸収して回収し、最終的に尿として排泄されるんですが、流れが滞っていると吸収されずに溜まっていってしまいます。

これが、むくみです。特に下半身は重力の関係もありむくみやすいです。

むくみの原因

〇1日中立ちっ放し、又は座りっ放し

  • 立ちっ放し~足はもともと血液循環が悪い上に、重力の関係によってむくみやすい。
  • 座りっ放し~股関節を曲げた状態により鼡径部(そけいぶ)のリンパ節が圧迫されリンパの流れが悪くなる

〇塩分の摂りすぎ

  • 体液の塩分の濃度が上がると、水分を摂ることで濃度を薄めようとし、腎臓の機能の働きが追い付かないとむくみが起きます。

〇ダイエットによるタンパク質不足

  • 血液中のたんぱく質濃度が低くなると、濃度を維持しようとして血液中の水分が血管外に出されるため、むくみが起きます。

〇きつい下着、ハイヒール

  • ガードルやウエストニッパー、補正下着、サポートタイプのストッキング等の窮屈な下着は血行を悪くする。鼡径部(そけいぶ)を圧迫するガードルは特にだめです。
    ハイヒールは常に足に緊張を与え血行不良になる上に姿勢も不自然に。

病気に関わるむくみ

以下のような病状があると心臓病、肝臓病、腎臓病、静脈瘤、その他のホルモン異常、突発性浮腫、ビタミンB1欠乏症などの病気が原因のむくみかも

[check]むくみが何日も続いている

[check]尿の出が悪い

[check]まぶたがむくむ


むくみと冷え性

  • むくみによって血管が圧迫され血流が低下し冷え性に
  • 冷え性によって血管が収縮し血流が低下しむくむという悪循環がおこります。

むくみと下半身太り

  • むくみによって皮下脂肪中の脂肪球が必要以上に水分を吸収し大きくなり下半身太りに
  • 下半身太りにより脂肪が血管を圧迫し血流を低下させ尿量が減少しむくむという悪循環がおこります。


下半身にある心臓

ふくらはぎは第2の心臓って聞いたことありますか?

酸素や栄養を含んだ血液は心臓のポンプ作用で動脈を通って全身に送られます。

そして、二酸化炭素や老廃物を吸収、回収して静脈を通って再び心臓に戻るのですが、重力もあり、血液は下半身に溜まりやすくなります。

これを、心臓へ送り返してくれるのが、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用なのです。

ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返す事により血液を心臓に送り返してくれます。

立ち仕事の場合など、同じ所に立ってる人より、動き回ってる人の方がふくらはぎの筋肉が使われ、むくみづらいです。

座った状態が長い人は、ふくらはぎの筋肉が使われないのでむくみやすいです。

出来れば、立ち上がって少し動き回るか、それが許されない状況なら座ったまま、適度に踵の上げ下げを行うと良いでしょう。

整体のご予約・問い合わせはコチラ!

札幌市西区(琴似・二十四軒)の整体

ケアスル渡辺とお問い合わせ

土・日・祝日も やってます‼


ご予約は、こちらの番号から!!
「ホームページを見た」と伝えて頂ければ、初見料が無料でうけれます。

「痛み」「辛さ」「ゆがみ」でお悩みの方は今すぐお電話下さい。
☏ 011-676-4546
お気軽にお電話ください。お待ちしております。(お電話の場合、当日予約も可)



ケアスルへのお問い合わせ



a:755 t:3 y:1

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional